Img_6dc88ef8fc7507717c2fd8315625d696
近頃インスタグラムの便利さについついこちらへの書き込みが遅くなってしまっておりました。大反省です。


今週末となりました京都での展覧会に参加させていただきます。
2日(土)3日(日)は終日在廊し、私も楽しませていただきに行こうと思っております。
お茶会へご参加でない方も11時より18時は会場で展示を見ていただけますので
お散歩に良いこの季節、ぜひにお気に入りの茶器を見付けにお越しくださいませ!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『茶遊記 ー回想茶会ー 京都 看月亭 茶遊記冊子出版記念展』
会期:2018年6月2日(土)3日(日)
会場:看月亭(葵kyoto stay)075-354-7770(2日3日のみ)
   京都府京都市左京区南禅寺北ノ坊町(光雲寺となり)
お問い合わせ:0749-68-6072(季の雲)

茶遊記とは、西遊記にヒントを得、つけられたネーニングです。まさに、お茶で遊ぶをテーマに。
それも真剣に遊ぶことで、主催者も参加者も心にのこるお茶時間を過ごそうと、2014年から始まりました。
毎夏には、仙台に一行が出向き、茶会や料理会、茶器・古道具の展示販売。
特に、蓮池にて行う「蓮舟茶会」は極楽浄土に例えられるほどの醍醐味です。
この4年間で海外は10箇所以上を巡り、茶縁で繋がった人々は数知れず。

ということで、今年6月は一行が京都にて、茶遊記を繰り広げたいと思います。
今までの旅を感じていただけるお茶席をご用意し、季の雲は、中国茶器の販売を行います。

今回は、茶遊記の活動を皆さんに見ていただきたいと、4年間の足跡を辿りながら冊子をつくりましたので、そのお披露目の場でもあります。ページをめくりながら、ご一緒にお茶の旅をしませんか。

オリジナルメンバー:市川孝(陶芸家)横山晴美(好日居)堀口一子(茶絲道)中村豊実(季の雲)

「茶遊記 ー回想茶会ー」
2014年〜2017年の茶遊記の旅をふりかえる茶会を繰り広げます。
時間毎に旅先が変わり、各会、市川・横山・堀口 3人のお席を其々回遊していただけます。

6月2日(土) 13時〜仙台編
        16時〜四川・雲南・内蒙古編
        19時〜色々編/どこの旅先がでてくるかはお楽しみ
6月3日(日)  8時〜西安の朝粥編
        13時〜西安編
        16時〜武夷山編
参加費:各会 8000円(朝粥の会のみ:4000円)<要予約>
お菓子:御菓子丸(杉山早陽子)

御予約、お問い合わせは「季の雲」0749−68−6072まで


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「中国茶器 Exhibition 季の雲」
今回の茶遊記は、古都のまち京都が舞台。ご縁あって、哲学の道に近い趣きあるお屋敷に中国茶器が並びます。
会期時間:2日3日11時〜18時まで

参加予定作家
<陶器>市川孝・小澤章子・田中大喜・竹下努・中尾郁夫・服部竜也・村上雄一・中村豊実
<ガラス>荒川尚也 <木工>古川潤・水野悠祐 <金属>大山求・村上和香奈
<素描画>しゅんしゅん <中国茶>季の雲が仕入れた上質な茶葉