Img_742dcd6cd67e2c9c2680b0d574516a4e
Img_de31b6851b776d3e29c679ca2ee5e60e
大変ご挨拶が遅くなりました(笑)
ゴールデンウィークに開催されました
滋賀県ギャラリー季の雲での「茶遊記展」
初日より2.5日長浜に滞在させていただき
お茶に包まれた美味しく楽しい時間を過ごさせていただきました。
足をお運びいただきました皆さま、本当にありがとうございました!
まだまだ稚拙な布物ですが、手にしていただきましたこと心より感謝いたします。
今回、体験したことや勉強させていただいたことは、今後に生かして行きたいと思います。
Img_531e71469bc241e4c60c71eaa2fa0300
Img_3bf5b2446b0e95d0fcc6173d6c058e36
Img_73bbe8afb2284d3da0026971a6d1f02f
今回は沢山の茶器が並び、制作者の方ともお会いすることができました。
シュッとしたもの、野性的なもの、でもどれもが優しくて、
それぞれのお人柄がやはりつくるものには映し出されるものなのだな〜としみじみ。

会期中には出展作家さんの素敵な道具を使って、3つのお茶会とお食事会がひらかれました。

横山晴美さんのお茶会は、韓国の茶を炭火で煮出す可愛らしい道具を使って、アジアの5つの国を表現したお茶が登場。いったいお次はどこの国へ?いったいどんなお茶?参加者の方がわくわくしながら進んでいるのがわかる、発想力豊かな晴美さんならではの、素敵で不思議なお茶会でした。

麻育子さんのお食事会は、中国から来た見事な鍋を使っての火鍋を楽しむ会。会の間、私はあまり食事風景を拝見できなかったのですが、裏で一生懸命に準備している麻さんの横で、味見をさせてもらいながら説明を聞くという、なんとも口福な時間を過ごさせていただきました。

堀口一子さんのお茶会は、お茶の葉の浮かんだお水で手を清め、前日に穫って来てくださったお茶の枝から参加者みんなで新芽を摘んで炭火で焙煎し淹れて頂く・・この時期でしか実現しない贅沢さで会が進んで行きました。お茶作りに力を注いでいる一子さんならではの、心に染みるお茶会でした。

市川孝さんのお茶会の日は、残念ながら会場に居ることはできなかったのですが、滞在中にお会いすることができ噂の「茶ウンター」でお茶を淹れていただきました。背負子型の箱を置いてパタパタと開くとカウンターに変身!陶芸家として忙しくご活躍の市川さんですが、益々茶人としての佇まいが・・よき時間をありがとうございました。

そして季の雲の中さん敬子さんからは今回も沢山の元気をいただきました。
なにやってるんだかな〜と相変わらず、自分自身に呆れる毎日ですが、
やみくもでもいいからなんでもやってみよ〜!(いいのか?)と、能天気大全開で帰路に。


今展の様子はフェイスブック『茶遊記』に美しい写真で掲載されています。ぜひご覧ください!
Img_e5ab5c7aa9c0dcdf883996ab3146959e
滋賀の帰りには、京都に寄り昔住んでいた懐かしの界隈をブラブラして
当時沢山お世話になった方々の変わらぬ笑顔にお会いしたり、
仕事の打ち合わせに伺った先で、はつらつと働く眩しさに心打たれたり、
好日居で美味しいお茶をいただき、心穏やかな時間をゆっくりと過ごさせてもらったり・・・

関西、やっぱりいいところだな〜 
またすぐ来よう

お世話になりました皆さま、心よりありがとうございました。