Img_0fef1a46c15e4ce913754c9d043353f1
本日15日(日)は
若林区役所にてふるさとまつりの為
店前の道路が車両通行止めとなります。
区民センターの有料駐車場も使えません。
おそらく近くのコインパーキングも終日満車かと思います。
申し訳ありませんが、ご了承願います。
Img_de464d91c512851e60ed191b724b064a
10月のお休み。

月曜と第2と第3日曜日の定休日の他
3日(火)〜7日(土)19日(木)もお休みさせていただきます。
18日(水)は18時までの営業とさせていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。
明日21日(木)は演奏会準備の為、店の営業は16時までとさせていただきます。
よろしくお願いいたします!


演奏会へ地下鉄東西線、薬師堂駅よりお越しのお客さまへ。

薬師堂駅よりネジノワへの道はいくつもございます。
下記に添付した道程はあくまでも一例ですが、ご参考になさってください。
 (Click!) 


演奏会へお車でお越しのお客さまへ。

当日、ネジノワ会場には駐車場はございません。
一番近くの駐車場である、区民センター地下有料駐車場は、21時ちょいすぎまでの営業となりますので、演奏会終了時間が心配なところです。できましたら、他のコインパーキングをご利用いただけますと、演奏家が時間を気にせず演奏を進められ、ゆっくり演奏をお聴きいただけるかと思います。

一番近くですと、若林区役所の表側道路に面しておりますラーメン店「おっぺしゃん若林店」の隣に10台ほどのコインパーキングと、その少し先にも小さなパーキングがございます。

もしも、どこのコインパーキングも空いてなく、区民センターにお停めになられました時には、受付時にネジノワ村上までその旨お知らせくださいませ。

ご不便おかけしますが、よろしくお願いたします!

Img_10fc3f341ae4d26a382216485b79f215
松本一哉
セカンドアルバム「落ちる 散る 満ちる」リリースツアー仙台公演
2017年9月21日(木)
開場:18:30 開演:19:00
開場:ネジノワ工作所 宮城県仙台市若林区文化町7−33
出演:松本一哉 、Jai Machine、Coupie
料金:事前予約2000円  当日2500円 (1drink付)
定員:20名ほど

ご予約・お問い合わせ:メール info@nejinowa.com 


銅羅や、波紋音・三昧琴など様々な音具を使い演奏活動をされている打楽器奏者の松本さん。鍾乳洞の雫による鉄琴板の演奏を録音した60分編集無し(!)のセカンドアルバム「落ちる 散る 満ちる」の発売を記念し、またここネジノワにも来てくれることとなりました〜今回も在仙バンドJai MachineとCoupieと共にお届けいたします。一期一会の空気を感じ即興で進んでゆく3組の演奏です。心地よい秋の夜長ぜひ足をお運びくださいませ!



松本一哉
東京を拠点に活動している、石川県出身の打楽器奏者。
銅鑼・シンキングボウルなどの倍音を多く含んだ打楽器を中心に、波紋音・音のかけら・陶琴壺・三昧琴などの音具・工芸品・自然物・非楽器など音の鳴る造形物を使用。音律や旋律ではなく音の響きそのものに着目し、自然の中での演奏・録音から作品作りを行うなど独自の音楽活動を展開。自身の演奏と環境音とを繋げていき空間全体を聴く事で表現する即興音楽は、打楽器奏者の枠を超えより自由に空間の成り立ちを提示できる数少ないアーティストとして様々な分野から高い評価を受けている。

2015年1stアルバム「水のかたち」をSPEKKからリリース。
2017年2stアルバム「落ちる 散る 満ちる」をSPEKKからリリース。


Jai Mashine
Nerve、yukki、Jai、3名による仙台電子音響シーンユニット。2014年、糸魚健一率いるShrine.jpから1st「Let's Machine」を発売。実験的なその音楽性をシーンに刻みつつ、2017年「Happy life in my submarine」を皮切りに新たな活動を開始している。

Coupie
仙台在住のcobiと石巻在住のyukkiにより2008年結成。ギターを中心に、小物楽器やエフェクトを使用し、空間を音に紡ぎ上げて行くようなその即興的な演奏は、まるで会話のように展開し場にとけていくような音だと評される。昨年本格的に活動を復帰し、2017年8年ぶりの新作「Trajno Fenestro~車窓」を涼音堂茶舗よりリリースする。

Img_0e2b414720fb62adf54ee4b1f234bd90
8月25日26日27日は
東京代々木・nejicommuでのオープンスタジオに参加させていただきます。
いつもは腕時計や革小物を忙しく制作している藤井早百合さんがアトリエを開放する3日間。
nejicommu作品のアーカイブセール・サンプルセールに合わせ
パリを拠点に布や糸を使い作品作りをしているアーティスト古賀里江子さんの小さな作品の展示販売もいたします。
ぜひこの機会に足をお運びくださいませ!

nejicommu
11:00〜19:00
東京都渋谷区代々木3−5−7シグマロイヤルハイツA103
03-3373-5544
Img_0ce44305a16ad5bd79b9ddc8f8ea9b6a
今年も沢山のご予約を本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます!

現在、ご参加いただけますお席は下記の茶時となります。
中国茶がお好きな方、体験してみたい方、どうぞお気軽にご参加くださいませ。


◯朝粥茶時「太極拳からはじまる茶遊記的西安の朝」
日時:7月28日(金)9:30〜(約1時間半)
会費:2000円(お茶二種・朝粥付)
定員:10名(ご予約受付中)

先月旅した西安に思いを馳せて、共に清々しい夏の朝をお過ごしいただけたらと思います。

◯昼茶時「西方見聞録/四川・雲南・西安の旅報」
日時:7月28日(金)29日(土)14:00〜(約2時間)
会費:4500円(お茶三種・御菓子)
定員:各10名:28日(ご予約受付中)
        29日(満席となりました)

京都岡崎で茶房「好日居」を営みながら、独創性豊かな心に染みる茶時を繰り広げてくれる茶人、横山晴美さん。茶作りから取り組み、その素晴らしさを真摯に伝えてくれる研究者のような茶人「茶絲道」の堀口一子さん。お二人とも関西を中心にご活躍されており、年に一度、蓮花咲くこの時期に仙台へお茶を淹れに来てくれています。この茶会では、この一年2人が旅した中国各地で出会った茶葉の中から、雲南と西安のお茶を三種類お出しいたします。茶時に合わせました御菓子は、京都「御菓子丸」杉山早陽子さんに作っていただきました。杉山さんのお菓子はその見た目も味も心の奥が静かにじーんとする感じがします、生菓子は仙台で頂ける機会はないかと思いますのでぜひにおたのしみくださいませ。

各催しのお申し込みは info@nejinowa.com まで、
メールの件名に、ご希望のイベント名をご記入いただき、
郵便番号・ご住所・日中通じるお電話番号・ご氏名、の明記をお願いいたします。
複数名でお申し込みの場合は皆さまのお名前をお書きくださいませ。



写真は、西安での一場面。いつもはしゅっとしてる?茶人2人の童心姿。
Img_d1bedeec0b5821b9ae41d9da63d28abd
Img_36bd122c4b1ff541549f920f092f643c
◯今夏の茶時の受付を開始させて頂きました。


茶など持ちて西遊記のやうに旅をする
茶遊記 第六章・2017夏 仙台

茶淹れ:   横山晴美/茶房好日居
       堀口一子/茶絲道
菓子制作:  杉山早陽子/御菓子丸
うつわと道具:市川孝
       中村豊実/季の雲

特別ゲスト 笙の演奏 田島和枝

場所:ネジノワ工作所  宮城県仙台市若林区文化町7−33


◯朝粥茶時「太極拳からはじまる茶遊記的西安の朝」
日時:7月28日(金)9:30〜(約1時間半)
会費:2000円(お茶二種・朝粥付)
定員:10名(ご予約受付中)

◯昼茶時「西方見聞録/四川・雲南・西安の旅報」
日時:7月28日(金)29日(土)14:00〜(約2時間)
会費:4500円(お茶三種・御菓子)
定員:各10名(ご予約受付中)

◯茶遊的晩餐会「西安的麻食堂」
料理家 麻育子が制作した美味しい西安料理の再現レシピを、陶芸家市川孝が料理いたします。
中村豊実撮影の茶遊記の旅の映像を見ながら、交流会を繰り広げたいと思います。
日時:7月28日(金)19:00〜(約2時間)
会費:2500円 ※事情によりDM記載と会費等が変更になりました。
定員:15名(満席となりました)
※飲酒ご希望の方はお車でのご来場をお控えください。

◯夜茶時「西安より巡礼茶時」
西安 青龍寺茶会の続き・・・
会場:ネジノワ近くの某お寺にて
日時:7月29日(土)19:00〜(約2時間)
会費:4500円(笙の演奏・お茶二種・御菓子付)
定員:10名(満席となりました)

◯笙響く蓮舟茶会@蓮沼
場所:蓮沼/宮城県築館市(現地集合となります)
日時:7月30日10:00乗舟
会費:8000円(笙の演奏・茶三種・御菓子・お結び付)
定員:15名(満席となりました)
※自然環境により中止となる場合もございますのでご了承ください。


各催しのお申し込みは info@nejinowa.com まで、
メールの件名に、ご希望のイベント名をご記入いただき、
郵便番号・ご住所・日中通じるお電話番号・ご氏名(ふりがな付)の明記をお願いいたします。
複数名でお申し込みの場合は皆さまのお名前をお書きくださいませ。



※当日はおいしいお茶を感じて頂くために、ヘアワックス・香水・衣類の洗剤など、香りの強いものはご遠慮ください。
※キャンセル料について、当日、前日は全額。2〜3日前は半額をいただきますので、ご了承ください。
Img_aa805db7b58d129e3ba7a3a074a6c4f2
茶など持ちて西遊記のやうに旅をする

茶遊記 第六章・2017夏 仙台

2016年長月の頃、茶遊記一座は喫茶文化の古鎮四川へ、そして雲南では千年の古茶樹に会い、北京、内蒙古と巡る。
2017年水無月の頃、一座は一路西安(昔の長安)へ。旅する「茶車」携えた市川さんを頭に西安の美しい茶室で、また人里離れた山中にて、はたまた弘法大師空海さんゆかりの青龍寺にて、茶会やWSなどするなり。
2017年文月の頃、彼是の土産話など持ちて一座は一路仙台へ。

「西遊記」は1300年程昔、長安(今の西安)より天竺へ取経する旅物語。

うつわと道具 市川孝/陶
茶 横山晴美/茶房好日居
茶 堀口一子/茶絲道
食 麻育子/料理教室麻
菓 杉山早陽子/御菓子丸
古道具とうつわと茶葉と像 中村豊実/季の雲
道具と場 村上和香奈/ネジノワ工作所

特別ゲスト 笙の演奏 田島和枝

場所:ネジノワ工作所  宮城県仙台市若林区文化町7−33
日時:7月28日(金)〜30日(日) 12:00〜20:00(会期中無休)


噂の「茶車」や「茶rry」をおたのしみいただきながら、市川孝さんからは茶器や耐火鍋などを、
季の雲からは味わいある古道具と、中国で仕入れた良質の茶葉、中村豊実さんの茶器を、展示販売いたします。

今夏の茶時は、
28日9:30〜・朝粥茶時「太極拳からはじまる茶遊記的西安の朝」
28日29日14:00〜・昼茶時「西方見聞録/四川・雲南・西安の旅報」
28日19:00〜・茶遊的晩餐会「西安的麻食堂」
29日19:00〜・夜茶時「西安より巡礼茶時」
30日10:00〜・笙響く蓮舟茶会@蓮沼 
を開催いたします。只今ご案内状を作成中です。
準備が整いましたら上記茶時の詳細、受付を始めさせていただきたいと思います。
どうぞ今暫くお待ちくださいませ!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

写真は西安、山の家で行われた、市川さんの茶時、竹林と茶rryの風景です。
このように数多くの美しい場面、美味しいお茶や食に、出会うことができた旅でした。
ネジノワにて場の再現をすることはできませんが、
茶遊記一行が持ち帰ったこの一年の旅の香りを両手いっぱいに皆様にお届けできたらと思っています。
お休みをいただいていました6月の後半は
毎夏仙台へ来てくれている茶遊記の皆さんとご一緒させていただき中国の西安へ。
写真一枚目は、玄奘三蔵法師縁の大雁塔。軒の四隅に吊るされた静かに響く風鐸の音が、その一帯を守ってくれているよう。
西遊記の旅の始まりの地に茶遊記のみんなと立つ・・なんだか不思議な気分でした。
Img_668077f74758307e4eea574bbfe790ce
Img_a0b1c5c1afb8ca160526230a9c888eef
Img_a74eaaa2db3fdb7f154093e7b5b649a6
Img_4005a772f737d786b32af7f24984ed84
Img_078b406c26e6056671e21463cba47853
Img_f2004fd29104c2d173c62c14d6e3358a
Img_7eb8e9a91a6980ca2901546300a6f4cf
Img_371c91b01531b9bb5438192d02b5e533
Img_7046e06e970f662ca03122f97fca6698
Img_bf7478c268ece24fac5ca687f9094dc7
Img_3b415bc28093e6ab2a1c74f021eef4be
Img_8c7ccc610a1168e455d290c2b1993b78
Img_fb9ce48d1b363a2c9e5803077180e940
Img_5963c2fc3b68b0b6a1854964ab699f12
Img_a77750700bb1e51ab8e1c7e7187c1f15
大雁塔のすぐ下の写真は、今回の「茶遊記展」主宰、中国西安の街中にある「gallery QYING」
ここでは茶器の展示販売と、和食と茶与布のワークショップを。滞在中は毎日美味しいお茶やお食事をこのギャラリーで体験し勉強させていただきました。
弘法大師が遣唐使で中国に来たさいに修行をされた青龍寺で行われた茶会は、中国と日本の架け橋になるような心温まる内容でした。
西安郊外にある山の家では竹・石・胡桃と名付けられた3つのお席を作り個性豊かなお茶席を、和菓子のワークショップでは現地の野菜を使いきんとん作りを!
各催しの写真を私は撮ることができなかったり、お客さまのお顔写真の掲載を控えたかったりで、
ここでは、ふわっとした景色しか載せれませんが、
茶遊記のフェイスブックには各茶時、催しの様子が季の雲中村さんの美しい写真で見ていただけますのでぜひ覗いてみてくださいませ!
今夏の仙台での茶遊記は7月28日(金)29日(土)30日(日)に開催することとなりました。
近々催しのご案内お知らせさせていただきますので、今暫くお待ちくださいませ!
Img_6887de5a455a5521a51cc7744048c07c
現在、製作と展覧会参加の為
お店の営業をお休みさせていただいております。
6月28日よりお店の通常営業を再開いたします。
ご迷惑お掛けしますが何卒よろしくお願いいたします!


尚、7月末には今年も「茶遊記展」をネジノワにて開催いたします。
この一年、お茶との縁をさらに深めた面々がお届けする、茶会や食事会、茶器やうつわの展示販売です。
詳細決まりましたら随時、お知らせさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします!

Img_742dcd6cd67e2c9c2680b0d574516a4e
Img_de31b6851b776d3e29c679ca2ee5e60e
大変ご挨拶が遅くなりました(笑)
ゴールデンウィークに開催されました
滋賀県ギャラリー季の雲での「茶遊記展」
初日より2.5日長浜に滞在させていただき
お茶に包まれた美味しく楽しい時間を過ごさせていただきました。
足をお運びいただきました皆さま、本当にありがとうございました!
まだまだ稚拙な布物ですが、手にしていただきましたこと心より感謝いたします。
今回、体験したことや勉強させていただいたことは、今後に生かして行きたいと思います。
Img_531e71469bc241e4c60c71eaa2fa0300
Img_3bf5b2446b0e95d0fcc6173d6c058e36
Img_73bbe8afb2284d3da0026971a6d1f02f
今回は沢山の茶器が並び、制作者の方ともお会いすることができました。
シュッとしたもの、野性的なもの、でもどれもが優しくて、
それぞれのお人柄がやはりつくるものには映し出されるものなのだな〜としみじみ。

会期中には出展作家さんの素敵な道具を使って、3つのお茶会とお食事会がひらかれました。

横山晴美さんのお茶会は、韓国の茶を炭火で煮出す可愛らしい道具を使って、アジアの5つの国を表現したお茶が登場。いったいお次はどこの国へ?いったいどんなお茶?参加者の方がわくわくしながら進んでいるのがわかる、発想力豊かな晴美さんならではの、素敵で不思議なお茶会でした。

麻育子さんのお食事会は、中国から来た見事な鍋を使っての火鍋を楽しむ会。会の間、私はあまり食事風景を拝見できなかったのですが、裏で一生懸命に準備している麻さんの横で、味見をさせてもらいながら説明を聞くという、なんとも口福な時間を過ごさせていただきました。

堀口一子さんのお茶会は、お茶の葉の浮かんだお水で手を清め、前日に穫って来てくださったお茶の枝から参加者みんなで新芽を摘んで炭火で焙煎し淹れて頂く・・この時期でしか実現しない贅沢さで会が進んで行きました。お茶作りに力を注いでいる一子さんならではの、心に染みるお茶会でした。

市川孝さんのお茶会の日は、残念ながら会場に居ることはできなかったのですが、滞在中にお会いすることができ噂の「茶ウンター」でお茶を淹れていただきました。背負子型の箱を置いてパタパタと開くとカウンターに変身!陶芸家として忙しくご活躍の市川さんですが、益々茶人としての佇まいが・・よき時間をありがとうございました。

そして季の雲の中さん敬子さんからは今回も沢山の元気をいただきました。
なにやってるんだかな〜と相変わらず、自分自身に呆れる毎日ですが、
やみくもでもいいからなんでもやってみよ〜!(いいのか?)と、能天気大全開で帰路に。


今展の様子はフェイスブック『茶遊記』に美しい写真で掲載されています。ぜひご覧ください!
Img_e5ab5c7aa9c0dcdf883996ab3146959e
滋賀の帰りには、京都に寄り昔住んでいた懐かしの界隈をブラブラして
当時沢山お世話になった方々の変わらぬ笑顔にお会いしたり、
仕事の打ち合わせに伺った先で、はつらつと働く眩しさに心打たれたり、
好日居で美味しいお茶をいただき、心穏やかな時間をゆっくりと過ごさせてもらったり・・・

関西、やっぱりいいところだな〜 
またすぐ来よう

お世話になりました皆さま、心よりありがとうございました。
Img_627de0e52caa563752cebd529fe1c664

ネジノワ工作所は、4月16日〜5月5日まで店の営業をお休みさせていただきます。

...........................................................................................................................

茶遊記cyaiyuuki展 at 季の雲

会期:4月29日(土)〜5月7日(日)会期中無休
場所:滋賀県長浜 季の雲tokinokumo

オリジナルメンバー:市川孝・横山晴美・堀口一子・麻育子・中村豊実

陶磁器:市川孝・清水志郎・高木剛・角掛政志・村上雄一・中村豊実
ガラス:荒川尚也・鳥本雄介
木工 :KINTA Studio・古川潤
金属 :KINTA Studio・銀猫
布  :村上和香奈・季の雲オリジナル
お菓子:麻育子・御菓子丸・おやつやSai
花  :みたて(寄せ植え)
中国茶:季の雲おすすめの上質な茶葉
.............................................................................................................................

催事
4月29日   ◯茶時:横山晴美(好日居)
         参加費:3500円 要予約
         13時〜定員6名
         15時30分〜定員6名

        ◯前菜数種類と火鍋を楽しむ会:麻育子(料理教室麻)
         参加費:4500円 要予約
         18時〜定員10名

4月30日   ◯茶時:堀口一子(茶絲道)
         参加費:5500円 要予約
         13時〜定員6名
         15時30分〜定員6名

5月3日    ◯茶時:市川孝
         参加費:3500円 要予約
         13時〜定員6名
         15時30分〜定員6名

ご予約は0749−68−6072 または info@tokinokumo.com
郵便番号、ご住所、日中通じるお電話番号、ご氏名(ふりがな)の明記をお願いたします。

・当日はおいしいお茶やお料理を感じていただくため
 ヘアワックス、香水、衣類の洗剤など香りの強いものはご遠慮ください。
・キャンセル料について、当日、前日は全額。
 2日、3日前は半額をいただきますのでご了承ください。

..............................................................................................................................

茶遊記とは、西遊記にヒントを得、つけられたネーミング。
面白いねぇとよく言われます。
まさに、お茶で遊ぶ、それも真剣に遊ぶをテーマに、主宰者も参加者も
心にのこるお茶時間を過ごそうと、2015年から始まりました。
雲南、武漢、西安、内モンゴル、
毎夏には、仙台に一行が出向き、茶会や料理会、茶器・古道具などの展示販売。
特に、蓮沼にて行う「蓮舟茶会」は極楽浄土に例えられるほどの醍醐味で
参加者の方から、感動の嵐が吹くんですよ。
そんなメンバーがGW、季の雲を会場にお茶で遊ぶ九日間をご用意いたします。
お茶会や食事会はお気軽にご参加ください、新しい味と香りに出会え、
普段と違ううつわ使いに刺激をもらえると思います。
なにやら市川さんは、ちまたで噂の「新作の茶車5号」を持ち込んでお茶を淹れて
くださるようです。会期中は展示していますので、茶車をマジマジと
ご覧いただくこともできますよ。
茶時がない日は、タイミングよければ、季の雲中村がお茶をお淹れします。
どうぞ遊びにいらしてくださいね。

writing:季の雲 k.nakamura

..............................................................................................................................
Img_48020b4ecaf6bb837e4a82ac701da44b
重ね重ね申し訳ございません!
23日木曜日も店の営業をお休みさせていただきます。

あとの今月は26(日)と27(月)の定休日以外、お休みはありません。
明日も通常営業しておりますので何卒よろしくお願い致します。

Img_94600fda13f5099dd7b2d31edb610983
申し訳ございません〜
本日は店の営業をお休みさせていただきます。
ご迷惑お掛けしますがよろしくお願いいたします!